みたらしだんごのにおい(仮)

私達が暮らしはじめた町は、みたらし団子のにおいがします。
成長


きのうのこと。

「ツブオ、ちょっとまた大きくなったんじゃない?」

ツブオの後ろ姿を見て、私がそう言うと、

ゆきも、

「うん、今私も思った?」と。


するとツブオも

「ああ、今日 俺も鏡を見て、
 自分でも思った」

と言いました。



あんこひとりは、我関せずの姿勢ゆるぎなし。

でも3人が感じた昨日。


ツブオの成長。


ゆきは、はやく独り暮らししたがってる。

それも成長なのでしょう。

テレビは、Bluetoothのが欲しいとか言ってた。


お母さんは18のとき、ラジカセだけで
ひとりでやったのよ。

で、ちょっと飢えて、痩せてからのその後は

めっちゃ太った。

からだの神秘よ。

危機を感じ、蓄えようとする力がものすごかったです。


ま、ゆきには平和に暮らしていってほしいです。



| mayumi | - | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
あんこのことがすべて



わかったらいいよね〜〜〜





| mayumi | - | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
似たもの親子

 

 

あんこのスマホが、あんことツブオのケンカ以来、不調です。

 

ツブオがかけた水がスマホにもかかったのです。

 

 

故障しているんだという認識で私はいるのですが、

 

あんこは充電ができるから、これは故障じゃないと言い張ります。

 

充電できるときとできないときがあって、100%充電できても

 

数分で0パーセントに。

 

家ではWi−Fiに接続できるようですが、外に出るとだめ。

 

電話も通話不可です。

 

 

故障だね、、、と私が言うと、まあまあの勢いで怒るあんこ。

 

これは故障じゃない!

 

 

・・・・と。

 

 

あっそう。

 

と、放置していたのですが、スマホ依存のオタクちゃんが

 

もう、耐えられなくなったようで、

 

「タブレットがほしい」と言いだしました。

 

 

私としては、スマホの故障だか不調だかなんなんだかの

 

今のような不便な状況により、あんこがスマホの依存が薄らいでいる今が

 

好ましくもあったりするのですけど・・・。

 

 

スマホあったら、ほんとうにずーーーーーっと見ていましたか・・・。

 

 

 

 

しかし、強制もできないし、

 

あんこが外界とつながりでもあるので、

 

一緒にタブレットを見に出かけてきました。

 

 

店頭で実物を見ようと。

 

 

私もそーいうことに弱いので、結局よくわかりませんでした。

 

隣接してる数件に寄った中、いっこ、すごく感じのわるい店員がいることだけ

 

確実に認識してきました。

 

めっちゃ感じ悪かったな・・・。

 

 

店員の前歯がいっこないから、それが気になっちゃって、

 

私が口元を見すぎていたのが向こうの気にさわり、

 

あんな嫌な接客をされたのか・・・・。

 

若いひとなのに、歯、どうしたんだろうと思っていたが、

 

後で考えると目がいっちゃってた。

 

それなのか?

 

にしても、あんな接客はどうかとおもいますよ。

 

いくら理解力のない客が店に訪れようとも・・・。

 

 

ほかのお店の人は気持ちよく接してくれました。

 

やはり、楽しく仕事するっていうのは幸せを生みますね。

 

 

スーパーのレジでも、あの時間だけで店員さんの気持ちが伝わる。

 

 

 

そんなこんなで、店頭でタブレットを見ていたら、

 

あんこはiPadがいいとのこと・・・。

 

デモ機を触っていろいろ試してみました。

 

文字入力を試したかった私でしたが、文字の入力の仕方がわからず・・・。

 

う〜〜〜〜〜ん・・わからん・・・と、

 

次は、メモ機能を試してみることに。

 

そこでも文字入力の仕方が分からなかったのですが、

 

ペンの機能で、指で絵をかくことができました。

 

 

そこで、私は あんこが好きであるバイキンマンの絵を描いてみました。

 

 

 

で、ですよ。

 

 

わー♡絵も描けるねぇ〜(#^.^#) いいね〜〜〜!

 

と、テンションのあがる私。

 

スマホでも描けますけど、画面の大きいところで描けるとうれしい。

 

 

すると、

 

「絵じゃないし」 とムッとする感じのあんこ。

 

 

あんこの言い分によると、

 

メモ機能に書いたものは、絵じゃなくてメモだと!!

 

 

私が描いた、落書きバイキンマンは、メモだというのです。

 

 

「絵でしょ!」と負けずにムッとする私。

 

 

そのまま、絵かメモかで言い争い。

 

 

メモに描いたんだから、それはメモだ! というのがあんこ。

 

メモに絵を描いたんでしょ!だから絵だ! というのが私。

 

 

店頭でめっちゃ言い合いになりましたよ・・・・。

 

メモに描いたんだからメモ!

それに、あんこはタブレットで絵を描きたいんじゃないし!

なんで、絵が描けていいねなんて言うの!?

 

とあんこは言います。

 

絵を描きたいって言ってたけど・・・・・。

 

 

おかーさんは、バイキンマンの絵を描いたの!

メモんとこに、絵を描いたの!

だから、これは絵だ!

 

 

いいえ、メモ!

 

 

絵!!

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

おそろしい。

 

 

こんなしょうもない争い、本当に低能でおそろしいです。

 

 

 

結局、このひは下調べだったので、購入はせずに帰りました。

 

 

 

帰りに本屋さんに寄りました。

 

あんこは自分の本を買うと、ずっと私に付きまといます。

 

本を入れたビニールの袋をめっちゃガサガサいわせながら。

 

本を開いて見ていても、すぐ横でガサガサ。

 

嫌だから移動しても、すぐ後ろをガサガサ。

 

ぐるぐるついてくるのは、自分の用事が済んだから

 

早く帰ろうということなのだと思うのです。

 

 

 

 

本屋で連なって歩き回って、

 

先頭の方が「ついてこないで!」と怒り出した2人を見た人がいたら、

 

 

それは私と、あんこですよ、といいたい。

 

 

ええ年齢のおばさんが、19歳の娘に「ついてこないで!」と言ってる図。

 

わらえません。

 

 

どっちもどっちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| mayumi | - | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
いいね

あんこが言いました。


いいねしないなら、フォローすんな

コメントするなら 
まずいいねしろ

いいねしてからのコメントだろ


なんかのSNSでの話。


ぜんぜんいいねしないのに

フォローしてくる輩が多すぎだから、

新しいアカウントを作るらしい。

(輩って(((^_^;))



え、見たいだけの人もいるよ?

と、私が言うと


あんこは、見たら必ず「いいね」するとのこと。



いいねが大前提なのですね。



へー、あんこっていいねが欲しいんだ

って言ったら、「うん。そう」と。



これからはこじんまりとやっていくんだそうです。

| mayumi | - | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
あんこのたんじょうび

 

 

 

あんこが先日、誕生日を迎え、なんと19歳になりました。

 

背も高くなり、けっこう前に私も越されています。

 

 

誕生日とうじつの朝、起きてきて、両手を上にあげるポーズで

 

「本日の主役〜〜〜!!」と、雄たけびあげて登場した あんこちゃんでした。

 

すごいわ・・・。

 

なかなかできることじゃないよ・・・。

 

そーいうところ、まったく自分にない感覚なので

 

「すごい」なんて、なぜか尊敬してしまう私。

 

 

あんこは、誕生日は家で好きなテレビを観たりして

 

一日を過ごすと言っていましたが、

 

それではいつもと同じ。

 

それでもよかったのですが、私に行きたいところがあったので、

 

あんこを誘って一緒に出掛けていました。

 

 

なんやかんや、あんこも楽しんでくれていたようです。

 

行ったイベントで、炭火でお肉がジュージュー焼かれており、いい匂い。

 

イベントから出て、外でご飯を食べるか、今ここでお肉食べるか

 

どっちにするか、あんこに聞きました。

 

 

 

「どっちもだけど?」

 

と、あんこは言った。

 

 

肉も食うし、別にご飯も食べる。

 

 

 

だよね。

 

あんこちゃんは、そう・・・。

 

大食いちゃんなのだった。

 

 

それから、あんこが行きたがっていた、

 

好きな漫画のモデル(?)地に、わりと近かったので行きました。

 

そこの建物が、漫画に出てくるのと同じだ〜〜〜って言って

 

とっても喜んでいました。

 

 

夜は、みんなでごはん。

 

その後、ゆきの塾後にケーキ食べて楽しく一日を過ごしました。

 

 

 

 

 

| mayumi | - | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
良いことと悪いこと







今日は良いことと悪いことがありました。

良いことは、ゆきが学校で賞をもらう連絡があった。

授賞は明日。




悪いことは、ツブオが家出をした。

行き先は、祖父母宅です。


あんことケンカ。

あんこはツブオに水をかけられていました。



気に入らないことがあろうとも

人に水をかけるとか気がしれん。




ゆきに聞いてみた。


いつも仲がよくないキョウダイが

たまに仲がいいのと、



いつも仲のいいキョウダイが

たまにスッゴいケンカするのと、



「ねー、どっちがいい?」と。



程度にもよるわぁーって言ってました。




いいことも悪いこともありますが、

私は明日は早起きをしなければいけない。

ゆきを駅におくって行く前のタイミングで

ツブオを迎えにいかなければ。





| mayumi | - | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ワンオペ育児

 

 

育児が一番辛かった時期の話

 

 

このひとは、まだまだよいほうだ・・・

 

と思った。

 

 

最近、ワンオペ育児っていう言葉をよく聞きます。

 

一人で子どもと向き合うってことなんだと思う。

 

 

私は家事も苦手で、子どもは年子。

 

ワンオペ育児+、家事に対する夫の責めもあったし、

 

夫は連絡も無しであまり帰ってこなくて、いろいろ

 

精神的にきつかった。

 

いちど、私にも感情があるんですよ、と夫に伝えたことはある。

 

帰ってこない人を待つ日々。

 

なさけなかったなあ。

 

そんな自分が本当に情けなくて、ここにいる意味も、

 

生きている意味もないなぁって思っていた。

 

完全になにか黒いもの支配されてしまっていました。

 

 

育児よりもそっちがしんどかったので、

 

育児ノイローゼにはならなかったから、まあよかったといえばよかったのかな。

 

ただのノイローゼっていうか。

 

 

この世からなくなりたい気持ちを

 

引き戻してくれていたのが子どもだったから、

 

子どもは恩人です。

 

だれか、自分を必要としてくれる存在があるって、

 

本当に救いだった。

 

 

 

 

 

夫も自分の家なのに帰りたくない気持ちがあったのだろうから

 

今思えば帰らなくても仕方がないことだったのでしょう。

 

申し訳なかったなと思います。

 

 

 

にしても、ワンオペ育児なんていう言葉が出来て、

 

人の関心が向かうって、いいことではあるかなと思います。

 

 

子育てに参加しない男の人の目にも触れることでしょうし、

 

なにか感じてくれる機会になるかもしれません。

 

 

子育てがしんどいなあって思っている人たちが

 

happyなほうへ向かうといいなぁと思います。

 

 

そうすると子どももhappyだと思います。

 

 

私、いま、回数は少ないのですが

 

しょうがいのある子向けの学童保育でパートしています。

 

みんな、かわいくて。

 

幸せでいてほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| mayumi | - | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ツブオとユニバ3回目

 

 

このまえ、またユニバに行ってきました。

 

ツブオが行きたいというのでつい。

 

8月のツブオの誕生日に行ってから、それをいれて3回目。

 

アトラクションは苦手なので私は目をつむります。

 

3Dとか4Dとかのやつ。

 

待ち時間も長く、いろいろ苦痛ですが、なぜか行く・・・。

 

 

 

年パスじゃなかったら行ってられないなあと思います。

 

 

待ち時間がめっちゃながい。

 

 

この間のは、ハロウィーンのイベントが始まったので、それを見たかったツブオ。

 

ゾンビが出てきて、本気で怖がっていました。

 

でも、もっと追いかけられたりすると思っていたらしいので

 

「思ったよりも大丈夫だった」ようです。

 

 

 

ツブオも今度来るなら仮装しようよ。

 

目の周りを黒く塗って・・・、

 

顔の他のところは白で・・・、

 

頭に黒い耳をつけて・・・、

 

腕はと足は黒く塗って・・・・。

 

 

仮装はしない、といいつつも、私が言うのを

 

うんうん聞いていたツブオ。

 

目の周りを黒く塗って

顔の他のところは白で

頭に黒い耳をつけて

腕はと足は黒く塗って。

 

 

 

・・・・・・・。

 

それって

パンダだけど。

 

 

 

 

 

 

 

と言ったら、

 

 

 

パンダかい!

 

 

 

と、キレイに返って来たな♡

 

返しがはやい♡

 

 

 

どうせ行くなら楽しみたい。

 

ツブオももう来年小6なので、ことしは思い出のユニバイヤーにと思っています。

 

大人になっても覚えていてくれるように。

 

おかあさんとした、楽しいことの思い出に。

 

 

ま、ほんとはツブオは友達と行けたら、そっちのほうが楽しいでしょうけど。

 

 

 

 

 

ユニバ後、3日くらいたったあと、

 

「ゾンビでめっちゃかっこいい男の子(男の人)いたなぁ〜」と

 

私が言ったら、

 

「いたいた。ジュラシックパークらへんやろ?」とツブオ。

 

 

そう!

 

小学生男子でもわかるかっこよさ。

 

 

 

これでユニバにいく楽しみが私にもできました。

 

 

かっこよさを写真に収め、ゆきにみせたいです。

 

 

ゾンビはみんなかっこよく綺麗でした。

 

職に徹している。

 

だらけているゾンビなんて一人もいない!

 

 

 

 

ゾンビよりも怖いのは、ゾンビにから「きゃー」ゆうて逃げる女の子たち。

 

周り見ていないからぶつかってきます。

 

そして、その予期せぬ動きでぶつかってくる女の子よりも怖かったのは、

 

一般ゾンビ。

 

 

フルフェイスの被り物は規制されているはずなのですが、いました。

 

 

それが怖かったな。

 

 

 

一般ゾンビといえば。

 

ユニバに居るとき、

 

「おかあさん、髪ぼっさぼさやから、ゾンビに間違えられたらどうしよう」

 

と、私が言ったら、

 

「ゾンビはそんなに荷物多くない。

 リュック背負ってるゾンビなんていないから大丈夫」

 

 

と、ツブオが言ってくれました。

 

 

 

 

 

そこ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| mayumi | - | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
メロンパン

 

「おかあさんのメロンパン〜〜(*´▽`*)」

 

と、あんこが言う。

 

 

子どもらが小さい、私と一緒にお風呂に入っていた頃。

 

一緒に湯船に入り、湯面から両ひざをポッカリ出して、

 

「ほ〜〜ら、みて。メロンパンだよ〜〜」って私が言うと、

 

あんこもゆきも、ゲハゲハ笑って喜んだのです。

 

 

時には膝を、海に浮かぶ小島にたとえてみたり。

 

膝で、けっこう遊びましたね。

 

 

楽しそうにそのときのことを話す あんこ。

 

いい思い出なのだったら提供できてよかったです。

 

 

ゆきに、「覚えてる?」と聞いたところ、

 

「・・・ん?・・ああ」と思いだした的な反応をしていましたが、

 

ゆきはどうも覚えていない様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| mayumi | - | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ツブオのユニバデビュー

 

 

先週、ツブオの誕生日でした。

 

どのような1日を過ごしたいか、ツブオに聞いてみると

 

「ユニバに行きたい」と。

 

 

 

あんこは完全にユニバはいろいろなたくさんの理由により無理。

 

人って・・・・、無理じゃないことまで、無理だって思いこんで

 

「無理無理!」なんて言ってしまうことってありますよね?

 

やればできることまで、やらないうちから無理って決めつけてしまい、

 

世界を狭める・・・・的な。

 

 

 

あんこがユニバ無理っていうのは、そーいうんじゃない、

 

純粋な「無理」なのです。

 

※説明はぶく

 

しかし、一応声はかけました。

 

その答え「行くわけない」でした。

 

「ユニバっていく意味がわからない、〜〜〜」

 

から始まり、ユニバに対し、ディスりが続くがそれを聞く意味が私にもわからない。

 

はいはい、わかったよ、一応聞いただけだから。

 

と言って、ディスりをそこまでにしていただく。

 

 

ゆきは、学校があったため、私とツブオと2人で行ってきました。

 

 

 

お誕生日シールというのがあって、それを体に貼っておくと、

 

クルーの方々がそれを見つけ、「ハッピーバースデー!」と言ってくれます。

 

たくさんお祝い言ってもらえました(^◇^)

 

 

 

 

 

私と2人で、ツブオが楽しめるかな〜と気になっていましたが

 

まあまあ楽しかったよう。

 

 

ツブオが行きたかったアトラクションにも、時間の関係で行けなかったので

 

年間パスポートを買って帰りました。

 

 

 

そしてわずか一週間後の昨日、小学校の始業式が終わってから

 

また行ってきた。

 

ツブオに数日前に行きたいかどうか聞いてみたところ、

 

返事が「あぁ、・・・うん」というような感じで気が進まないのかなと思っていました。

 

 

が、昨日になり

 

「行かないの?」と聞いてきたツブオ。

 

え?行きたいの? と聞くと、「うん」と。

 

 

ちょっとアンタ、わかりにくいから、もっと感情出して。

 

 

などと話しながらユニバに向かう。

 

 

前回、やり残したことをして

 

90分ならんで、ジュラシックパークのとこの

 

「なんとかライド」に乗って

 

ご飯食べて帰宅。

 




すごい疲れる。

 

平日だから少しは空いているかと思ったけど、

 

そんな甘いものじゃないのですね。

 

 

 

ツブオはまあまあ楽しんでくれていたようです。

 

ツブオは、この一年で、フライングダイナソーには絶対に乗らないけど、

 

なんらかのジェットコースター的なものに乗ることを目標としています。

 

「なんかもう乗れそう・・・」と昨日言っていたので、

 

「乗れば?」と言うと「えっ?今日!?」とどぎまぎ。

 

心の準備がまだ整っていなかったようです・・・。

 

 

 

いや、しかし、とにかく疲れる。

 

 

| mayumi | - | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

一番上へ