みたらしだんごのにおい(仮)

私達が暮らしはじめた町は、みたらし団子のにおいがします。
アニメ

 

 

夏休みに入りました。

 

が、ツブオは今日は学校へ。

 

秋にある学校のサッカー大会の練習と、お勉強の会、そのあとプールというように

 

フルコースで呼ばれております。

 

補習というやつです。

 

先週は、個人懇談会もありました。

 

お勉強はイマイチなツブオですが、先生、めっちゃ褒めてくれました。

 

おもろいってさ。

 

居てくれて助かる〜と、言ってもらってました。

 

今時、どの子も褒め伸ばす的な手法なのかもしれませんが

 

そうやって見てもらえるのはありがたいことです。

 

 

そして、今日、23日は。

 

あんこが待ちに待った日でもあります。

 

楽しみにしていた海外アニメが日本初放送の日なのです。

 

思い起こせば、ずいぶん長い間、毎日毎日、このアニメの話をしていたあんこ。

 

もう、本当に同じ話。

 

聞き飽きて、これは思ったよりもしんどかった。

 

やっと迎えた今日ですが、午後から放送なのに早起きして、

 

私が朝、6時半に起きると、あんこはもうすでに起きていて

 

「おはよう」とも言わず、「あと6時間」と言ったのでした。

 

そのあとも「あと何時間」と、カウントダウンはずっと続き、

 

テレビのチャンネルもそこに合わせてあるから、アニメのCMも入ります。

 

「今日、午後12時30分放送」という、CMの声に、そのたびに

 

「今日!今日だって〜〜!!!」と悶絶している あんこ。

 

昨日は「明日放送」の声に悶絶していましたし・・・。

 

リアルタイムで観て、そのあとすぐに録画を観るらしいです。

 

何度も言ってるし、何日も言っている・・・。

 

何度も聞いているし、何日も聞いている・・・。

 

今日が人生最高最善の日っていうくらいの熱の入りよう。

 

こんなにひとつのことに情熱を傾けられて、なんて幸せなあんこなのでしょう・・・。

 

 

常軌を逸脱するとはこういうことかと思いましたが、

 

(どうかしてる)

 

あんこにはこれが正常運転状態なのですね・・・。

 

 

 

さあ、あと10分くらいで放送開始です。

 

 

 

 

| mayumi | - | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
きにしてない

 

 

テレビっ子のあんこと私。

 

ゆきは今、一人暮らししているけど、

 

ゆきもテレビっ子ではある。

 

お笑い番組は欠かさず、テレビは友達だと言っています。

 

あんこの場合は、海外アニメが好き。

 

あと、ジャニーズが好き、歌番組が好き、お笑いもまあまあ好き。

 

しかし、何といっても好きなのがドラマです。

 

 

いよいよ新ドラマが始まりだし、あんこちゃんも熱くなっております。

 

始まる前から熱くて、どのドラマが面白そうか、どれを観るか

 

そんな話ばっかりをしていました。

 

どれをリアルタイムで観るか、どれを録画して観るかまで

 

考えに考えをかさね、やっと新ドラマが始まりだした!と、いう感じ。

 

 

あんこちゃんは、沢村一樹さんラブなので、

 

沢村さんのドラマにはもう、どんぴしゃりでハマりました。

 

謎のある、とってもイケメンに描かれておりますし、

 

カッコよさも100倍くらいなのでしょう。

 

 

他の新ドラマでは主演の女優さんの顔があまり好きではないらしい、あんこ。

 

役どころでちょい強気なな感じもあまり好きじゃないようす。 

 

「かわいいっていうけど、なにがかわいいのかわからない」らしいです。

 

で、で、で、

 

「おかあさんのほうがかわいい」と(゚Д゚;)!!!

 

 

え♡そお?じゃあお母さんもデビューしよっかな!

 

なんつってふざけていたのですが、

 

どうやら本当に、マジで

 

「おかあさんのほうがかわいい」と言っています。

 

コワいコワい(^▽^;)!!

 

お肌ボロボロくそばばあだっつーの。

 

以上、不思議なあんこの生態でした。

 

 

昨夜は、山崎賢人くんのドラマでした。

 

それは、「録画しつつリアルタイムで観る」

 

ということに決まっていたので(あんこによって)

 

一緒に観ました。

 

あんこちゃん、山崎賢人くんがかわいいと、こちらにもハマりました。

 

自閉症の役どころで、その演技がかわいいと。

 

自閉症の当事者と家族が観たら、どんな気持ちだろう?

 

ということを2人で話しました。

 

他の人に理解されない描写のところは、

 

観ていてツライのではないかな、と、あんこが言いました。

 

でも、現実は、もっといろいろあるだろうし、

 

これから、いいお医者さんになるんだろうから、いいドラマだね♡

 

とかを話していた流れで、

 

「あんこも自閉症のグループの一員ってわかってる?」と聞いてみました。

 

私の良くないところで・・・、考えすぎと、自分の感情が入り込んでしまって

 

あんこと発達しょうがいの話をまったくできていなかったのです・・。

 

障碍児というより、その他大勢のグループの子としてやっていけないだろうか

 

っていう気持ちが、あんこが子どものころからずっとあったと思うのです。

 

年齢が上がるにつれ、無理なのは明らかになっているのですが。

 

そもそも、しょうがいって何よ!とか腹がたったりするわりに、

 

あんこが笑顔で話したりしているところを見て

 

「普通だけどなぁ」と言ってくる人に、

 

ぜんぜんわかってないな、「普通」だったら苦労しねぇよと思うものの、

 

もし「普通じゃないね」なんて言われたら、もっともっと怒るくせにね。

 

私はまだぜんぜん自分というものが、定まっていないのです。

 

迷いながら進んでいくものなのかもしれませんが・・・。

 

すっごくおもしろい人がいて、その人は発達しょうがいのグレーゾーンだそうで、

 

「あなたもグレーよ〜」と私に言うのですが、

 

ああ、ほんとそうなんですよ〜〜わははは〜〜

 

と楽しく話してホント落ち着くのですけど、

 

他の場所では「ちゃんとしてる人」っぽくしなくちゃ、と頑張ったり

 

普通の人って思われているかな、と心配になったり。

 

本当に、定まっていない。

 

 

その定まっていないさ加減が、見事、あんこに投影されてしまっていると思う。

 

「変な人」「できない子」「バカ」と、あんこが思われたら、

 

あんこはどんな気持ちがするんだろうと、怖いのは私の方で、

 

あんこはたぶん、気にしていないんだ。

 

問題は私の中にあると思う。

 

出来ない子っていわれると、痛むのは私の自分の傷なのかもしれないと思う。

 

 

 

・・・・で、話を戻して、そんなこんなでいろいろ考え悩むものの、

 

障碍がある話をなかなか あんことできていなくて・・・。

 

しなきゃと思いながらできなくて。

 

あんこは自分が普通とおもっているんだろうと思っていました。

 

で、昨夜のドラマを観た後に話している時

 

「あんこも自閉症のグループの一員ってわかってる?」と自然に聞けました。

 

あんこは

 

「知ってるよ 小学生の時どこか行ってたのそれでしょ(カウンセリングに)

 

 算数もできなかったし、時計も読めなかったし。

 

 時計読めるようになったの、高校出てからだよ〜(*´▽`*)

 

 時計わからなかったけど、別に何も困らなかったし」と言いました。

 

 

あんこちゃん・・・・・・・、

 

 

 

 

わりかしなにも、

 

気にしてねぇΣ(゚Д゚)!!

 

 

 

 

 

うすうす、気にしてないのではないかと思ったことはありましたが、

 

私が思う以上に気にしていないみたい。

 

ピュア?ピュアなのかな・・・。

 

ピュアというより、知能・・・かもしれないけど。

 

わかんないけど、そこがあんこの素晴らしいところなのかもしれない。

 

ドロドロと長年、ぐじぐじ考えてばかりだった私との、この違いよ!

 

 

まあ、そんなわけで、ドラマのおかげで

 

考えすぎで触れられなかったこと、悩みごとだったことが

 

ほんの少し、ほどけたような感覚です。

 

そんなに怖がるほどのことではなかったんだ・・と今は思うけど、

 

本当に、怖がっていました。

 

見えない敵を自分で作りだして怖がるという、変態ですね。

 

そんなんばっかりです・・・(*_*)。

 

ほかにもいろいろなパターンでバリエーション豊富に怖いこといっぱいありますが

 

まあ、ちょっと落ち着いていこかな・・・、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| mayumi | - | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
続 信じる力

 

前日記のテレビの話のつづき。

 

 

あっちゃん、自分の信じる力を信じすぎて、

 

テレビを買い替えなくて良いと結論を出した!

 

 

あのあと、電気屋さんにテレビを見に行って、

 

どれを買うか検討をつけて店員さんから名刺もらったんだけど。

 

 

うち、1階でご飯を作って、2階で食べるから

 

2階まで食事を運ばなければいけないのです。

 

1階にテレビあると助かる!

 

まあああ、そりゃほんとうにめんどくさいんです。

 

テレビが2階にしかないので、テレビっ子親子は

 

テレビなしでは居られないということでこうなっています・・・。

 

 

とくに あんこは、テレビが下にあったとしても上で食べると拘っており

 

なんやかんやめんどくさいです。

 

にしても、

 

あんこの 「信じる力」を信じる力がすごい。

 

信じる力を信じることによって、

 

信じる力が100倍くらいに働いているのかもしれません。

 

他のことにも使ってもらいたいね・・。

 

 

 

 

 

| mayumi | - | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
信じる力

 

 

あんこが小学校に入る前くらいから使っているテレビが

 

ときどき不調になるのですが、今朝それがまた、久々にやってきた。

 

音声は入るものの、画面がチカチカして流れる。

 

朝イチにはちゃんと映っていたけど、ツブオを学校まで送って

 

帰るとちかちかに・・・。

 

豪雨のときなども映りにくくなるけど、ためしに録画しているものを観ようとしても

 

観られません。

 

「もう古いしなぁ・・・」

 

私のスマホも調子悪いし、ほかにもいろいろお金かかることがあるので、、、

 

「今か、、、。今なの、、、?」と、

 

心の中でテレビに交信しようとする私。

 

テレビから返事があったかはわかりませんが、なにも受信はできず。

 

 

そして遅起きの あんこの起床を待つ。

 

起きて来た あんこに

 

「あっちゃん、テレビをなんとかして」とお願いする私。

 

あんこは

 

「わかった」 と。

 

 

「信じるわ」 という あんこ。

 

 

あんこは自分のスマホが故障したときも、なんども信じる力で

 

復活させてきた実績を持つ。

 

8年くらい使っているので、この前はいよいよバッテリー交換はしましたが

 

それでも何度も、私のほうが、こりゃもうおしまいだなと思って見ていても

 

おしまいじゃなかった。

 

私が買い替えたら?というたびに 「信じてるもん!!」と怒っていた あんこ。

 

スマホがその気持ちに応え、頑張ったのかはわかりませんが(;´∀`)。

 

 

それから私のミシンが調子が悪くて、どうしようもないなと困っていた時、

 

あんこがその様子を見に来て「ミシンどう?」と言った瞬間に・・・

 

 

 

直った

 

 

 

ということもあるのです。

 

 

あんこがミラクルパワーの持ち主か知りませんが、

 

いろいろできないこともある あんこなので

 

ミラクルパワーくらい、持ってていいと私は思うのです。

 

 

というか、人はそれぞれなんらかのパワーは持っていると思うのです。

 

一緒にいたら 人が元気になるとか。

 

逆もあるかもしれませんが・・・。

 

 

とにかく、私はあんこ信じる力をまあまあ信じていますので、

 

自分の腰が痛い時も、

 

「あっちゃん、お母さんの腰が治るって信じて」とお願いします。

 

 

「そんなん、自分で信じたらええやん」と言う あんこ。

 

ごもっともですが、私は自分を信じられないので

 

「お母さんは自分が信じられないから、

 

 お母さんが治るって信じるあんこを信じるから!」

 

とか言っています。

 

冗談半分ですけど。

 

 

まあ、そんな感じで、あんこには信じる力があるという、

 

私達共通の設定でやっていますので、

 

テレビの故障にも 「わかった、あんこが信じるわ」となるわけです。

 

「じゃあ、お母さんは失礼するね。信じてないから」

 

と、私は別室へ。

 

15年くらい、しかもヘビーに使っているテレビなので、


もうそろそろか、、、と思うわけですが、

 

あんこにはそういう時間的概念はありません。

 

 

そして1時間後・・・・「映るようになったよ〜」と

 

あんこから声がかかる。

 

映るようになって、しばらく映るままなので、もう大丈夫そうだよ、と言う あんこ。

 

 

そして、ここからもちょっと笑う。

 

そのあとすぐに、あんこがカップラーメンのお湯を入れるために

 

テレビのある部屋から出て行ってすぐに・・・・、

 

またテレビが映らなくなった。

 

 

お湯を入れたカップラーメンを手に戻って来た あんこに

 

ビリビリテレビを指刺す私。

 

「え?また?わかった、また信じるわ」と、

 

とっても頼もしい あんこちゃんなのでした。

 

 

そしてそのあと、ラーメンができるまでの時間で

 

またテレビは映るようになりました。

 

 

え?ほんとに?あんこがいなくなってすぐにテレビが映らなくなったの?

 

じゃあ、あんこ、この部屋出られへんやん。

 

と言う あんこ。

 

信じる力だけここに残していけばいいんだよ、と謎のアドバイスをする私(≧▽≦)

 

 

そういうわけで、ひとまずテレビ観られています。

 

 

 

 

| mayumi | - | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
におい

私は

洗濯物を外で干すと、その存在を忘れてしまいがち、、、。


なので常に部屋干ししています。


が、困ったことがひとつ。



あんこが生乾きなのに服を着てしまいます(。>д<)。

お気に入りなのか落ち着くのか、

いつも着るTシャツがあるのですが、

乾いていないのに着ます。


そのせいだと思うのですが、その服、変な臭い。


もう洗っても落ちない臭いなのですけど、

また今日も生乾きで着ている〜(。´Д⊂)


乾いてなかったでしょってって言っても、

ぜんぜん気にならないよ☆と、あんこ。



気になる。



| mayumi | - | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1週間



地震から今日で1週間。

余震もありこわいです。

何日にさらに巨大地震がくるとかの予想?

も出回り、、、。

あり得ないことでないから、

余震の度に心臓バクバクの私ですが、

我が家のあの人は、本当にスゴいです。



それは、あっちゃん。


地震が来たときは寝ていて気づきませんでした。

(しかし、本棚の上に置いてた小本棚が

 寝ていたあんこの横に落ち、直撃したなら大変に危険な状態でした)


後で起きてきて「なんかあったの?」と言っていました。

その後の余震の度に、

「これ地震なの?朝のもこんなかんじだったの?」

「ぜんぜんわからない」

と。



すごいです。

よく、生きる世界が違う

なんて言いますが、まさにそれ。


あんこの世界には何も起こっていないようです。

本棚直撃していたら、非常に危ない状態だったのは あんこなのに

何も起こってない、、、。



スゴいな、、、、。


と、同時に、あいつ大丈夫なんかな、、、と。


凡人じゃないのか、シンプルにアホなのか、、、。

まあ、そこは謎ってことにしておこう、、、。



次女ゆきは、一人暮らしで関西外に住んでいますが

ちょうど、帰って来ていました。


地震の時は、死ぬと思ったらしいです。

しかも、自分の中で死を受け入れたらしい。

「チャンスがあるかぎり生きてよ?」と

言っておきましたが。


その後も、「帰って来ていてよかった」と言っていました。

離れたところにいて、テレビで状況を見ていたら

心配で仕方なかっただろうからと。

たまたま帰って来ていて、怖い目にあったのに、

家族思いを感じさせる ゆきでした。





不安はつきませんが日常の尊さは

再確認できる日々です。




| mayumi | - | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
あんこ語り


海外アニメについて、あんこが語りました。


その伏線の張りかたと、

回収がすばらしいねん。

オープニングにも秘密隠されてる。


| mayumi | - | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
あんこ具合悪なる

 

 

昨日書いた、ツブオのラインの件。

 

小学生女子の醜さを垣間見て、謎のダメージを受けていたバカな私でありましたが、

 

それってどんだけ暇やねん、どんだけ時間の無駄やねんて話です。

 

人のキレイなとこ、やさしいとろに触れると

 

ああ幸せ、なんて思う私の逆の振り幅のところに闇がありますね。

 

喜びも大きければ悲しみも大きいというやつ。

 

 

さて。

 

昨日のこと。

 

あんこが体調不良でした。

 

買い物に出かけて、駐車場に車を停めて、車から降りて、

 

3歩歩いたその瞬間、一気に具合が悪くなりました。

 

去年、あんこが救急車で運ばれたことがあって、

 

そのときと同じ症状だったらしいです。

 

低血圧かと思われます。

 

ノーマル時の血圧も一度、計っておいたほうがよさそうです。

 

運動不足なのも改善したほうがよさそう。

 

前に救急車で運ばれたときは、採血したり点滴の処置をしてもらったのですが・・・・

 

あんこがそうとう暴れて、その様子が尋常じゃなかったみたいです。

 

いろいろ改善しないといけないこと多し。

 

 

 

 

| mayumi | - | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ツブオのスマホ


先日から、とうとうツブオがスマホを持つようになった。

私としては、あまり嬉しいことではなかったが

ツブオは当然、大喜び。


遊びの誘いも来るので、楽しそう。

夜もラインやゲームなどスマホで友達と遊んでいる。


ツブオには悪いけど、たまに友達とのラインのチェックをしています。

1度、ツブオが友達に

まあ、しねしね、、、、とか他いろいろ

ビッシリ連ねるメッセージを送っていたことがありました。


どうしようか、、、ツブオにこんなコピペ能力があるか疑問だけど、

とか

悩んだあと、

ツブオにラインを見たんだけどと、その事を話すと、

「ああ」と。

「友達が勝手に俺のスマホから送った」

とのことでした。


その送られた友達がどう思うと思う?

その子の親が、そのラインを見たらどう思うと思う?


などと話したら、はっとした顔はしていました。


そこまで考えなかったもよう。

人のスマホを使ったり、使われたりはNGですよ

と教えたが、、、、。

教えなきゃ、わからないのだな、、、。




今日のスマホチェックでは、

ツブオは女子のイザコザに巻き込まれつつありました。

女子間のイジメ問題があるし陰湿だとは

学校から聞いたことはありましたが、

まあほんと、しょうもねぇ醜いもんだわ。


女の醜さ小6だからこそなのか、出まくっとるで。


やるならタイマンでやれ、とお説教タイムもうけたい。



ツブオも情けないものだ。

そんな子に、「自分側に付けよう」と

目をつけられるとはな。


○○と○○は絶対に対象者を庇うから

と、女子がツブオの友達の名前を出していたが、

そうでしょうよ。

ごめんね、お母さんは息子にそっち側で

いてほしいという願望があったようで

いろいろ腹がたってしまいました。



ごく初期でツブオは味方につけられようと

してる段階ですが、

これはやはり要チェックだし、

場合によっちゃ、学校へ報告もありえる。



嫌な気分。














| mayumi | - | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
続 あんこの眼鏡


あんこの眼鏡の続きです。


取れたところをテープで補修してありますが、

「壊れていない」という、あんこ自身の「真実」があるものの、

かけるには不具合があるわけで、

日に数度、私へのアピールがあります。


「応急処置したから大丈夫」と言ってきた時に、

「応急処置なの?」と聞いてみたら

「壊れてはいないけど」

と言っていましたね。


両方のレンズが粉々に割れたら

あんこにとって「壊れた」ってことになるんでしょうかね。



ほら、ゆるくて広がるの。

でも大丈夫。

かけられるから。


眼鏡を見せてくる。


「ふーん。テープのとこがおっきくなってるね」


補修に補修を重ねているので補修部分が大きくなっています。



「スカウターみたい」

と私が言うと、





(ピピ、、、となっている部分ね。)


ふふっと笑うあんこちゃんなのでした。


いつ眼鏡屋さんに行くのでしょう。




| mayumi | - | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

一番上へ