みたらしだんごのにおい(仮)

私達が暮らしはじめた町は、みたらし団子のにおいがします。
<< 見えない障害と生きる | main | 十分だよね >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
自己肯定感



ツブオ中1 期末テストが今日から始まった。



「明日は何のテスト?」と聞いてみました。


「しらん」という返事。



「なんで知りたがるの?」と彼は不満そうだが



「いま聞いてる」と言うではありませんか、、、、。



反抗期なので明日のテストの教科を聞いてくる母のことが


うざいのだろうよ、、、と思ったら、



なんと!



それプラス、本当に明日が何のテストかを


知らないのだった、、、、。



いま、友達にラインで聞いており返事待ちをしているんだろう、、、。



驚いた。


明日のテストの教科も把握していない。



この子はどこまで行くんだろう。



ほんの20分〜30分、なにやら勉強めいたことを


しただけなのに


彼の中では「結構やった」となっている。



スマホで遊んでいたので、昨夜、


気分転換したら、やりなね。


今やったこと、明日テストに出るかもよ〜


と声をかけたら



「え?もう結構やったで」


という返事だったのです。



驚いたけど、


本当に あれで、「やっている」と思っているみたい。



やってるの感覚が人並み外れておるわな、、、。



そのあともゲームしていたので



中間テストの点数が、、、、だったとき、


「失敗あればこそや」って、アンタ言ってたよ


その時お母さんは、次回はきっとやるんやな、


って思ったよ、、、、、?



と、じーーっとみつめてみたけど、


ふふっと一瞬、ゲーム画面から目をこちらに向け


微笑みかけてきただけ。


笑ってごまかす技。





これがツブオの生きる道なのか。


勉強が必要のない道なのかもしれないけど、



ちょっと出来たら得だとは思う。



私はツブオの自己肯定感が育ってほしいとは思っている。



勉強が出来て、平均点を取ってくれるようによりも。


子どもの自己肯定感が育ってほしい親が


することって何よ?



と、考えるとき、



まず親が子どもを肯定したらいいのではなかろうか?


と思うのです。



学校の先生からスマホ使用を制限し、


勉強させるように私も言われているのですが。



自己肯定感って自分自身を好きで信じられるか?


ということとも言えるかと思うのです。




子どもを信じる親が、スマホ取り上げる?


無理やり勉強させられる?



とか思うと




信じるしかねーなー


とはなるのです。


どんなアホでも。


勉強できる子は素晴らしいし


出来たら楽だしいろいろ過ごしやすい。


なんやかんや言われることもない。




日頃、母子でしか暮らしていないので、


ツブオの世界は狭かったのだともおもう。


母子暮らしもいろんな面があるので


悪く取ろうと思えば悪くも取れる。



こまったなあと思い始めると


自分がああだったから、、、、などという


原因探しが自動的に始まったりするけど


まあそういうこともあるよね、と思いつつ


これからを見守っていくしかありません。






| mayumi | - | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:17 | - | - | - | - |










一番上へ