みたらしだんごのにおい(仮)

私達が暮らしはじめた町は、みたらし団子のにおいがします。
<< 寝てるのに話しかけてくる | main | 袖口のボタン >>
ゴミを捨てるために全力で走るな

 

 

「ゴミを捨てるために全力で走るな」

 

これは毎週、火曜日と金曜日に私が あんこに言う言葉です。

 

うちの あんこちゃんは、なんとなんと、もう、

 

なんともう、21歳にもなっているのです。

 

21歳の女が、なんの急ぎの用もないのに

 

キチキチ住宅密集地を全力で走ってるなんて

 

市民のみなさんからしたら怖いよ?不審だよ?

 

だから走らないで歩いていくようにと毎回言うのですが

 

 

 

帰って来たあんこは、はぁはぁ(*´Д`)と、息も絶え絶え、、、。

 

聞くと、行きも帰りも走っているらしい。

 

なぜ、、、走るのか、、、。

 

走らないではいられないのか、、、、。

 

 

私も私で、そんなあんこに慣れないのはなぜ。

 

慣れないわぁ〜〜〜。

 

 

 

他にも慣れないことあるので また書くことにします。

 

 

 

今日は私が出かける際に、

 

あんこに

 

「あっちゃ〜ん、ツブオのこと頼むだでよ〜。

 じゃ、行ってくるだで〜」

 

 

テレビドラマ 「同期のさくら」の

 

さくらの方言調でやってみたところ、めっちゃ喜んでいました。

 

 

喜ぶことはまぁまぁわかるのですがねぇ、、、。

 

(あんこはドラマ好きアニメ好き)

 

 

そうそう。ツブオはツブオで結構学校を休みます。

 

長女あんこは中学からいい学校へ通えていて

 

次女ゆきは、大変そうだったけど自力で学校へ通いました。

 

私も3人子育てしていて

 

ツブオが不登校気味なのは初めての経験です。

 

ツブオで、そういうのを経験するとは思っていませんでした。

 

お気楽なかんじだったので。

 

 

そのこともまた書こう。

 

 

しかし、世の中にはいろんな考え方の人がいますね。

 

自分の思いをじっくり見て感じる経験をしているなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| mayumi | - | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:33 | - | - | - | - |










一番上へ